J-ONE TOPICS

ITサポート

ITサポート

まもなくWindows7サポート終了します

25%超がWindows 7という状況

間も無くメーカーサポート終了となるWindows7、流石にもうお使いの方は極少かと思いきや
米有名調査会社のNet Applicationsが発表した2019/12月度のデスクトップPCシェアではなんと未だ デスクトップPCの4分の1が7を使っているとのこと。

もしかすると、コスト意識の高い「関西」はもっと割合が高いかもしれませんね!?
実際XPの時もそういった傾向があったように聞いています。

使い続けるとどんなリスクが?

では実際、サポート終了後も使い続けるとどんなリスクがあるのか?
そもそも「サポート終了」以降はセキュリティ更新が一切行われなくなります。
それによってもたらされるのは

ウィルスやフィッシングメールなどのサイバー被害に遭うリスク
ソフトや周辺機器がサポートしないので突然利用不可になるリスク

等が考えられます。

よってそのまま使い続けると言う選択肢はありません。

どうすればいいの?

選択肢は3つあります

1.延長サポート料金を支払って使い続ける
2.WIndows10ソフトウェアアップグレードを適用
2.新品Windows10に買い換える
3.リフレッシュWindows10PCに買い換える

1.は昨年マイクロソフトより3年限定で発表されたプログラムですが、主な用途が特別なシステムソフトなどどうしても使い続けないと行けない理由がある場合。初年度は年間7,000円/台程度ですが年数経過毎に倍々となります(プログラムにより異なる)

2.はWindows10ソフトを購入し、アップグレードする方法。数年前発表された際は無償アップグレード期間があり自動的に更新された方も少なくありませんがハードが対応していないことも多々あり大きなトラブルが発生しました。また、正常に動くとしても元々数年前のスペックのPCを今後数年使い続けることはあまりお勧めできません。

3.は多くの方の選択肢となるかと思いますが、新品のPCは安くても10万円オーバー。企業において複数台買い替えが必要な場合、大きな経費負担となることに間違いありません。

4.は当社一押しの選択肢、主に大企業から引き揚げた2-3年ほど使用したPCを内外装リフレッシュしHDDなどの消耗品は最新SSDに交換して信頼性とスピードアップを実現したリユースPCに買い替え。費用は新品PCに半額以下で導入が可能ですので経費負担も少なくすみます、

直ぐに対応しましょう

どちらにせよ、サポート終了は目前!
まだ7PCが残っている企業担当者の方は今すぐ対応をお勧めします。
当社のリフレッシュPCのページもぜひご参考ください。

PC一斉入れ替えの経費削減に効果的!リフレッシュPC

ご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください